CD抗原

CD抗原は細胞分類のマーカーとして使われる膜タンパク質です。白血球では多様なCD抗原が発現しており、ヒトの免疫応答を調節しています。

CD抗原による診断に有効性が示唆されることから、アッセイ法の開発に興味が持たれています。


アクロバイオシステムズのCD抗原は純度が高く、グリコシル化など翻訳後修飾は本来のCD抗原と同じです。 CD3E, CD16, CD19, CD32, CD47, CD146, CD147, CD172a, EPCAM, PD-L1を始めとして、多くのCD抗原を提供しています。

これらの製品は、免疫基礎研究、前臨床研究に使われています。

バイオマーカー製品一覧

表1. CD抗原製品一覧表