抗体配列解析サービス

Fusion Antibodiesでは迅速で信頼性が高い抗体配列解析サービスを提供しております。

このサービスは単独でも、またヒト化サービスの一部としても提供可能です。

成功報酬制のこのサービスでは、配列の決定に失敗した場合、費用は発生致しません。

標準のパッケージではハイブリドーマからmRNAを抽出してクローニングし、配列を決定します。

標準ではCDR等の同定を含む可変領域のコンセンサス配列情報を含むレポートが作成されます。

ご要望に応じて抗体のcDNAを合成し、提供することも可能です。

Fusion Antibodiesのプラットフォームは適用範囲が広く、多くのプロジェクトで死んだハイブリドーマ細胞株からも配列が得られています。

Fusion Antibodiesの信頼性が高いサービスは世界中の製薬企業、臨床検査会社および研究機関で繰り返し利用されています。

Fusion Antibodiesでは過去9年間でマウス、ラット、ウシ、ハムスター、ウサギやヒトをはじめとする様々な種類の抗体の配列解析を600回以上実施しております。

サービスの種類

サービスには以下の4種類のレベルがあります。


▶ F.A.A.S.T.配列解析サービス:可変領域 1週間

▶ 標準配列解析サービス:可変領域の配列の報告 約4週間

▶ 5' RACE配列解析サービス:可変領域およびリーダー配列の報告 約5週間

▶ 配列完全解析サービス:可変領域および定常領域配列の報告 約5週間


1. F.A.A.S.Tシークエンシングサービス

1週間で配列のご報告が可能です。このサービスではワンショットで対象細胞株から抗体の配列を決定します。

このため、低コストで迅速に結果を得ることが出来ますが、信頼性の点では標準的なサービスには劣ります。


納期:ハイブリドーマ送付 1週間 + 解析約1週間


特徴

✔ 最も迅速かつ安価に可変領域の配列解析を行います。


標準サービスとの違い

▶ コンセンサス配列が得られない場合でもコストが発生します。

▶ CDR部分の同定が行われません。

▶ Aberrantな軽鎖の同定が行われません。


2. 標準シークエンシングサービス(可変領域)

最も標準的な配列同定サービスであり、他のサービスのオプションとしてもご利用いただけます。

5種類以上の配列中からコンセンサス配列が決定されます。


納期:ハイブリドーマ送付 1週間 + 解析約3週間


特徴

✔ コンセンサス配列が得られない場合コストは発生いたしません。

✔ 可変領域の全配列およびCDR部分の境界が決定されます。


3. 5'-RACE法標準シークエンシングサービス(可変領域)

納期:ハイブリドーマ送付 1週間 + 解析約4-5週間


特徴

✔ コンセンサス配列が得られない場合コストは発生いたしません。

✔ 可変領域の全配列およびCDR部分の境界が決定されます。

✔ 5'-RACEにより末端配列も確実に決定。


4. 完全長シークエンシングサービス

納期:ハイブリドーマ送付 1週間 + 解析約4-5週間


特徴

✔ コンセンサス配列が得られない場合コストは発生いたしません。

✔ 抗体の全配列およびCDR部分の境界が決定されます。