マイクロティッシュ(スフェロイド製品)

3D Select™ -3D InSight™ マイクロティッシュの作製プロセス-

3D InSight™ 肝臓マイクロティッシュ

伝統的な2次元肝臓モデルでは、急速なバイアビリティの低下、肝臓特異的な細胞の形態や表現型の喪失等により、正確な単回毒性の評価が困難であったとともに、長期にわたる投与による毒性の評価は困難を極めていました。

この問題を解決するため、InSphero社では独自のプラットフォームGravityPLUS™を利用し、3次元肝臓マイクロティッシュモデル、3D InSight™モデルを開発しました。


3D InSight™ がん細胞株マイクロティッシュ

InSphero社の3D InSight™がん細胞マイクロティッシュはがん組織類似の表現型を長期間にわたり維持します。結合組織を含む様々な細胞との共培養モデルは、がん組織の性質を模倣する上で重要な微小環境をin vitroで再現することに役立ちます。


3D InSight™ がん細胞株マイクロティッシュの特徴

✔ 幅広く使用されている細胞株から作製された100 種類を超えるモデル

✔ マウスおよびヒトの間質細胞と組み合わせた様々な共培養オプションの提供

✔ 再現性が高い生産方法と確実な品質管理により実現される実験の継続性

✔ 届いてすぐに化合物の評価が可能


蛍光標識がん細胞株マイクロティッシュ

がん細胞株と間質細胞の共培養3Dマイクロティッシュは、in vitro実験において、異種移植モデル内の典型的な微小環境を再現する優れたモデルです。InSphero社は、独自のプロセスを用いて、膨大な種類のがん細胞株とマウス繊維芽細胞株NIH/3T3の組み合わせによるマイクロティッシュを作製しております。


蛍光標識がん細胞株マイクロティッシュの特徴

✔ 蛍光測定による細胞分裂抑制効果および細胞毒性効果のリアルタイム観測が可能

✔ 蛍光シグナルと従来の生化学アッセイの結果との優れた相関性

✔ マウス異種移植モデル中の微小環境を模倣

✔ がん細胞と間質細胞を容易に識別可能


3D InSight™ 膵島マイクロティッシュ

ヒトのプライマリ膵島細胞は糖尿病や代謝疾患のin vitroでの研究にとって極めて重要です。膵島細胞プールの純度および生細胞率は、細胞プールごとに異なるドナーの背景要因や、死因およびその他の要因によって大きく変動します。

外分泌細胞の混入、サイズの不均一性および部分的な細胞死は、新鮮な分離膵島細胞を用いた実験から得られるデータの正確性・再現性に悪影響を及ぼす主たる要因です。

InSphero社が特許を取得したマイクロティッシュ作製技術を利用し、純度、生細胞率およびサイズの不均一性を改善した膵島細胞を、96穴GravityTRAP™プレートフォーマットで提供致します。


3D InSight™ 膵島マイクロティッシュの特徴

✔ 高い生細胞率とグルコース刺激によるインスリン分泌が4 週間以上持続するため、長期間の研究が可能

✔ マニュアルによるサイズ選別が不要な均一サイズの膵島マイクロティッシュ

✔ 各マイクロティッシュ間の性能のばらつきを低減する均質なα、β、δ細胞比

✔ 非接着性の96 穴GravityTRAP™プレートフォーマットで2 ~ 4 週間以内にお届け


3D InSight™ カスタムマイクロティッシュ

近年、2次元培養より高い生体機能を保持する生体器官類似3次元細胞モデルの採用が増えています。従来からの2次元培養細胞を用いた化合物の毒性や薬効の評価、疾病のメカニズム解明や生体機能の解析等では、様々な目的に対応して何千もの細胞が使用されています。


3D InSight™ カスタムマイクロティッシュの特徴

✔ 生体器官類似の形態と機能を保持したマイクロティッシュ

✔ ご要望に応じたカスタムでの作製

✔ 短期間でモデルを開発

✔ 経済的かつ使いやすい96穴ウェルフォーマットでお届け