3D InSight™ ラット肝臓マイクロティッシュ

3D InSight™ラット肝臓マイクロティッシュの特徴

✔ 新鮮ラットプライマリ肝細胞とKupffer 細胞を含む非実質細胞の共培養によるマイクロティッシュ

✔ 特異体質性薬物毒性(IDT)や反復投与試験による慢性毒性の評価に最適

✔ 経済的かつ取扱い易い96 穴フォーマットでのお届け(384 穴フォーマットについてはお問い合わせ下さい)

✔ 製造から2日以内にお届け


生体器官類似の細胞構成

PAS染色によるグリコーゲン貯蔵(下図左)および胆管ネットワーク(DPP-IV 発現で確認:緑に染色)の形成(下図右)が認められます。

(青:DAPI、赤: ICAM-1)

図.1 PAS染色によるグリコーゲン貯蔵(左)と、胆管ネットワークの形成の確認(右)


炎症反応の寄与により引き起こされる毒性に関する試験が実施可能

ラット肝臓マイクロティッシュをTrovafloxacin および炎症惹起物質(LPS)に暴露させた結果、マイクロティッシュ上清中にLDH の漏出が認められることから、この組み合わせが毒性を持つことがわかります。

図.2 マイクロティッシュ暴露後のLDH漏出確認


高い再現性

ウェル間の直径のばらつきは5-7% 以下と、高い再現性を誇ります。

右に96穴GravityTRAP™ プレート中の3D InSight™ヒト肝臓マイクロティッシュの画像が提示されています。

図.3 プレート中のマイクロティッシュの大きさ

3D InSight™ 肝臓マイクロティッシュの利用例

毒性試験

▶ 薬物動態試験

▶ 肝炎モデル

3D InSight™ ラット肝臓マイクロティッシュの仕様

表.1 ラット肝臓マイクロティッシュの仕様

3D InSight™ 肝臓マイクロティッシュで使用可能なエンドポイント

表.2 肝臓マイクロティッシュで使用可能なエンドポイント

3D InSight™ ラット肝臓マイクロティッシュ製品リスト

表.3 ラット肝臓マイクロティッシュ製品リスト

共培養モデルトライアルセットのご提供に関してはお問い合わせください。

* 培地はマイクロティッシュと同時にのみご購入頂けます。