3D InSight™ オンコロジーサービスパック

InSphero社では同社独自技術を使用した3次元がん細胞株モデルを構築済みであり、このモデルを使用した各種試験サービスを提供しております。

このサービスでは単純な薬効試験/スクリーニングの他に併剤スクリーニング、投与中止後の再発モデル、生物学的製剤の浸潤速度評価や免疫調節抗体の評価など様々な評価系を利用できます。

3次元培養システムを用いた化合物の試験をご検討中の場合、そのポテンシャルを活かしきるため、人的資源の有効活用と費用の削減のため、InSphero社のエキスパートが実施する3D InSight™オンコロジーサービスパックのご利用をご検討ください。

3D InSight™オンコロジーサービスパックは、InSphero社独自のモデルとPromega社のCellTiter-Glo® ATPアッセイを組み合わせることにより、お客様に代わって迅速に価値ある効果的なデータを提供します。

3D InSight™ オンコロジーサービスパックの特徴と利点

3D InSight™ オンコロジーサービスパックの特徴

▶ 2次元培養を用いたアッセイより移植モデルを良く模倣した共培養モデルを使用

▶ 生体内での栄養分および酸素勾配と類似の環境を実現

▶ 環境依存的なタンパク質や酵素の組織特異的な発現も実証済

▶ 最適化されたPromega社のCellTiter-Glo® ATPアッセイ

▶ アッセイに干渉する人工的マトリックスを不使用


標準化され、迅速に結果を得られる3次元培養によるセルベーススクリーニングサービスの需要に応えるため、InSphero社は3D InSight™サービスパックを提供しております。


3D InSight™ 肝毒性試験サービスパックの利点

✔ 3次元培養アッセイの結果が迅速に得られる、効果的なアウトソーシング

✔ お客様のこれまでのアッセイ技術の比較対象となる3D環境でのアッセイデータ

✔ 経験豊富な科学者が、試験計画の立案から結果の解釈までサポート

✔ InSphero社の経験に裏付けられた、信頼性が高い工程とプロトコル

✔ 試験は3次元培養およびアッセイに精通したエキスパートが担当

✔ 3次元培養モデルはISO9001認証取得済の環境で作製


到着してそのまますぐにご使用頂けるようにGravityTRAP™プレートの各ウェルに1個のマイクロティッシュを含んだフォーマットでお届けします。プレートは標準的な自動化装置と互換性があるように設計され、自動プレートリーダーを用いて簡単にマイクロティッシュを取扱い、分析することが可能です。

また、プレートは長期培養中に簡単かつ効率的に培地交換や化合物の添加を行うことが可能となるように設計されています。

試験の流れ

標準モデルを使用した試験の場合

1. 評価対象の化合物数を決定します。ご希望に応じ、最初に参照化合物を用いたパイロットスタディを実施することも可能です。


2. 3次元腫瘍モデルを決定します。標準モデルのリスト以外にも、カスタムでのモデル開発から実施することも可能です。


3.アッセイを選択します。標準アッセイは以下からご選択頂けます

薬効試験/スクリーニング

薬剤併用試験

がん再発モデルアッセイ

抗体組織浸潤

™ 免疫調節抗体評価


4. 試験を実施し、お客様のもとに結果をお返しします。

· 報告書

· ウェブベースのプレゼンテーションと討議

図.1 標準モデルを使用した試験の場合の流れ


カスタムモデルを使用した試験の場合

プライマリがん細胞を用いたモデルやより複雑な共培養モデルなどリストに希望のモデルがない場合、モデル開発から実施することも可能です。モデル開発は次のようなプロセスで進みます。

1. フィージビリティの検討とスフェロイド形成条件の最適化(GravityPLUS™プラットフォームまたはゲルベース)

2. サイズによる成長の観察:10日間

3. スフェロイド形成後10日間のATP量測定

4. 4日目および10日目における染色(H & E、EGFRおよびVimentin)


カスタマイズしたオンコロジーサービス

個々の研究によって、適切なモデル、最適なエンドポイントやプロトコルが異なります。InSphero社ではお客様のニーズに合わせて最適なサービスを提供致します。

前ページまでのサービスのプロトコルを変更したい場合、標準とは異なるモデルを使用したい場合、また異なるアッセイ法を利用したい場合等、様々なご要望にお応えします。詳細はお問い合わせ下さい。

3D InSight™ オンコロジーサービスリスト

表.1 オンコロジーサービスリスト

*上記以外の化合物数や使用モデル数を設定した試験も実施可能です。また、ボリュームディスカウントも御座います。