アズレンラベル

概要

アズレンはナフタレンの異性体で、ナフタレンは無色であるのに対し、アズレンは深青色を示します。

アズレンを構成する2つの環において安定化にはそれぞれ6つの共鳴電子が必要となるため、7員環から1個の電子が5員環へ転移します。

基底状態の双極子的な性質は、その深い色に反映されており、この色はこれだけ小さな分子には珍しい性質とされています。この励起状態において、最低励起一重項状態 S1 からS0 から への遷移は 2 つのエネルギー準位が近いために無放射的ですが、 Kasha 則に反して第二励起一重項状態S2 からS0 への遷移に伴い蛍光を発する、まれな物質として知られています。


表.1 アズレンラベル製品

参考文献

▷ Binsch G. et al., On the fluorescence anomaly of azulene. Chemical Physics Letters 1967; 1(4): 135-138. ▷ Abou-Zied O.K. et al., S2–S0Spectroscopy of Azulene and Its 2-Chloro, 2-Methyl, and 1,3-Dimethyl Derivatives. J. Mol. Spectroscopy 1997; 183 (1): 42-56.