マイクロアレイ用レーザープリンター

PEPperCHIP™ テクノロジーで使用されるレーザープリンターはPEPLASER FP7-HEALTH プロジェクトを通じて開発されたものです。基本的な機構は通常のレーザープリンターと同様ですが、スライドのアラインメントを行うための光学系や、繰り返しの合成を狂いなく行うためのステージや精密制御装置が備わっています。

また、通常の4 色や6 色のプリンターと異なり、20 種類の標準アミノ酸およびD-アミノ酸やシトルリン、その他の非標準および非天然アミノ酸を使用出来るように24 のプリンティングユニットを有しています。プリンターの基礎部分は単一のブロックで構成されており、振動や熱による変動等に起因して生じる合成上の不正確さを防止します。

プリンターはイメージ認識機能を持つ制御ソフトウェアやマイクロアレイデザインソフトウェアPEPSlide™デザイナーと接続しており、デザインされた各ペプチド配列がマイクロアレイの各位置に配置されます。

精密な制御装置と頑丈なプリンターのつくり、そして洗練されたソフトウェアによって、アミノ酸マイクロ粒子を利用したガラス基板上への正確なペプチド鎖のその場合成が可能になります。1 分間に275,000 ものスポットを合成することが可能であり、高いスループットが実現できます。


特徴

▶ 24種類のアミノ酸を使用可能

▶ 単一ブロックの採用による正確なスポッティング

▶ 精密な制御による高速度かつ高密度のスポッティング

▶ 安価な提供価格

▶ 低いトナー消費