品質管理システム

PEPperPrint社では製品およびサービスを最高の品質基準で提供するため、ISO 9001:2008 の認証を取得しています。品質管理システムのバリデーションを行い、認証を継続するため、毎年社内外の監査を実施しています。また、独自に継続的な品質改良を重ねています。
加えて、お客様とのあらゆる接点で満足度調査を行い、ニーズに合わせて製品およびサービスを改良しています。


品質管理ステップ

アッセイの再現性とデータの信頼性は幅広い分野で日常的に使用されているペプチドマイクロアレイを用いた解析の最も重要な部分です。非破壊的にチップあたり何千、何万ものペプチドの品質を確認することは技術的に不可能ですがPEPperPrint社では最高の品質のマイクロアレイを生産するため、以下の様な品質管理の方法を活用しています。


1. アミノ酸トナーは内包されているアミノ酸が完全な状態であることを確認するため、HPLC で分析されます。

2. ガラススライドに対しては、XPS を用いた化学組成の分析とエリプソメトリーを用いたフィルムの厚みおよび均一性の分析が行われます。

3. プリンターのキャリブレーションおよびマイクロアレイの同定はレジスターマークとスライドに刻印された製品番号で行われます。

4. プリント後のアレイは画像によってプリントの均一性やトナーが放出されていることおよびはみ出しがないこと等を確認されます。

5. 可能な限り確実かつ定量的に反応が進行するようにダブルカップリングステップを採用しています。カップリング後、反応しなかったアミノ基はキャップされ、目的の配列より短いペプチドが生じないよう処理されます。

6. カップリングおよび表面コーティングは不活性雰囲気下で行われます。

7. HPLC および質量分析によって副反応やラセミ化が起こっていないことが確認されます。

8. 洗浄、キャッピングおよび脱保護は専用に作られたソフトウェアとセンサー内臓の合成機で実施されます。

9. 160までのマイクロアレイが単一のバッチで作製可能であり、高いチップ間およびチップ内の再現性を誇ります。

10. 使用または輸送前に、バッチごとにFLAG およびHA タグを付加したコントロールと標識抗FLAG および抗HA抗体を使用してアッセイを実施し、品質を確認しています。アッセイの結果から、全てのアミノ酸トナーに関して、プリンティングやカップリングの品質に関する詳細な情報を得ることができます。