ノックダウン細胞作製 (SIRION Biotech社)

当社では、SIRION BIOTECH社の日本におけるパートナーとして、お客様の指定された細胞に対して、ご指定のターゲット遺伝子が高効率でノックダウンされた細胞の作製の受託を行っております。同社の技術やノウハウを活用することで、従来はノックダウンが困難であった細胞/遺伝子に対しても高効率でノックダウンされた細胞を短期間に作製可能です。



当社では、SIRION BIOTECH社の日本におけるパートナーとして、お客様の指定された細胞に対して、ご指定のターゲット遺伝子が高効率でノックダウンされた細胞の作製の受託を行っております。

同社の技術やノウハウを活用することで、従来はノックダウンが困難であった細胞/遺伝子に対しても高効率でノックダウンされた細胞を短期間に作製可能です。

技術紹介

  • 特定の遺伝子をノックダウンした細胞を使用することで、遺伝子機能の解析、創薬におけるターゲットの同定やバリデーション、不要なバックグラウンドを抑えたスクリーニングのアッセイ系構築、細胞モデルの構築などが可能となります。
  • SIRION社の技術とノウハウを活かしたしたノックダウン細胞は、従来はノックダウンが困難であった細胞に対しても、高効率でノックダウンすることが可能です。
  • 活用されている技術とノウハウには下記のものがが含まれます。
    1. 独自のshRNA配列最適化のノウハウ
    2. プロモータ等のエレメントの最適化ノウハウ
    3. 独自のベクタープラットフォームとバリデーションプラットフォームRNAiONE™
    4. 短期間で確実にターゲット配列が組み込まれたベクターの構築を可能にする、BACテクノロジー
    5. 遺伝子導入条件および培養条件最適化のためのノウハウ
    6. 独自の遺伝子導入技術と試薬
  • 過渡的発現にはアデノウイルス、安定的発現にはレンチウイルスまたはプラスミド導入など、ご使用用途に合致した方法をご提案させていただきます。
  • お客様と設定したノックダウン効率を実現します。
  • よりハイパフォーマンスまたは好ましい特性を持つ細胞の同定・単離を行い、細胞株化することも可能です。
  • 恒常的なノックダウンにより細胞の成長や各種活動への影響が懸念される場合、誘導物質を加えた場合にのみノックダウンが起こるよう、TET-inducibleな細胞とすることも可能です。(*)

(*)TET-inducibleベクターをご利用の場合、別途TET Systems社へのライセンス料のお支払いが必要となる場合がございます。詳細は お問い合わせ ください。

各種ノックダウン手法の解説はこちら

ノックダウン細胞作製の流れ

  1. 組織の入手とプライマリ細胞の分離/プライマリ細胞または細胞株の入手(オプション)または細胞のお預かり
  2. プライマリ細胞または細胞株を用いた培養条件最適化
  3. 細胞に対するGFP発現テストと選択条件最適化
  4. shRNAのデザイン(オプション)
  5. RNAiONETMを用いたshRNAのバリデーション
  6. shRNA組み込みウイルスベクター/ウイルス/プラスミドの作製
  7. ウイルスベクター等の導入
  8. 抗生物質による選択
  9. non-target shRNA発現細胞を陰性対照とするqPCRによるノックダウン効率のバリデーション
  10. 作製されたセルプールの増殖
  11. モノクローナル化(オプション)
  12. 特性解析(オプション)
  13. 選択されたクローンの増殖(オプション)

モノクローナル化

応用分野

  • ターゲットを高効率かつ安定にノックダウンするクローンの単離
  • 望ましい特性を持つクローンの単離
  • 安定かつ均一な細胞モデルの構築
  • 安定かつ均一なセルバンキング

サービス概要

  • 作製したセルプールから、モノクローナル化された「ハイ・パフォーマー」や望ましい特性を持つ細胞をお届けします。
  • クローンの数は10種類、50種類、100種類から選択していただけます。
  • ハイ・パフォーマーはqRT-PCRにてノックダウン効率を測定することにより同定します。
  • 成長率や長期培養時の安定性やその他の特性をチェックすることも可能です。

特徴

  • ノックダウン効率が高いセルをモノクローナル化することにより、セルプールの不均一性によるノックダウン効率の低下を抑えられます。
  • 発現の安定性を確認いたしますので、細胞株の不均一化が抑えられます。
  • 安定かつ均一なセルバンキングが可能となります。
  • マーカー遺伝子の発現プロファイルやジェノタイピング、遺伝子組み込み部位のゲノムマッピング等の情報をオプションでご提供可能です。

モノクローナル化の流れ

  1. セルプールから限界希釈法により単一細胞を単離
  2. Genetics Clone Select™ Imagerによる単一性の確認と成長率のモニタリング
  3. 個々のクローンの小スケールでの培養
  4. qRT-PCRまたはウェスタンブロッティングによるハイ・パフォーマーの同定/ご希望の方法による望ましい特性を持ったクローンの同定
  5. 大スケールでの培養
  6. 遺伝子の発現、成長率の測定、長期間の培養による影響の測定によるQC
  7. マーカー遺伝子の発現プロファイルやジェノタイピング、遺伝子組み込み部位のゲノムマッピング等の情報入手(オプション)