ProPresent™ 抗原提示アッセイ

ProPresent™ 抗原提示アッセイは免疫システムによってT細胞に認識されうる形に処理されるタンパク質の部分配列を同定するための新しい方法です。

このアッセイでは樹状(DC)細胞上のHLA分子によりT細胞に提示される抗原を同定することが可能であり、抗原のプロセシングと提示を最も直接的に観測できる方法です。

このサービスは新規化合物の引き起こす免疫応答の詳細な情報が必要とされる薬剤やワクチンの開発を促進します。


✔ 提示されるペプチドを直接同定することが可能

✔ 薬剤、ワクチンその他の化合物のどの部分が免疫系により認識されるかを決定可能

✔ タンパク質間、タンパク質製剤の剤形間比較やドナーのHLA型による効果の比較が可能

✔ 剤形処理された生物学的製剤に対しても適用可能


ProImmune社のProPresent™ は対象となるタンパク質の取り込みとプロセッシングを経て実際にDC細胞に提示されるペプチドを決定するための唯一の商業的なサービスです。

ペプチドは古典的なHLA-ペプチド複合体の抽出とペプチドの溶出、それに引き続いての質量分析による配列解析により同定されます。

図1

図.1 抗原提示アッセイの順序

利用例

エピトープ探索とキャラクタリゼーション

▶ 免疫毒性を示す可能性がある配列の同定

▶ ワクチンの候補配列同定

▶ ワクチンや生物学的製剤に対する患者の免疫応答のモニターのためのエピトープ決定

▶ 同一タンパク質の変異による免疫的インパクトの調査

▶ 複数のHLA型ドナー由来サンプルを用いることによる、エピトープへの応答に関する人口バイアスの影響の調査


リスクアセスメント

▶ 食品添加物や化粧品等の消費材中に存在するエピトープの同定

▶ 生物学的製剤やその他の生物学的製品中のエピトープの同定

▶ 生物学的製剤の異なるバッチ、剤形、生産方法の間での提示されるエピトープの比較


バイオシミラーやバイオベターに対する免疫応答プロファイリング


安全性評価のための基準の策定


申請資料のための材料として