ProVE MHC クラスI ペンタマーライブラリ

ProVE MHC クラスI ペンタマーライブラリーは候補となっている複数のペプチドをスクリーニングするための迅速かつ効率的な手段を提供します。

ProVE ライブラリでは、個々に生産された複数のPro5 MHCクラスIペンタマーを用いることにより、大量のT細胞エピトープをスクリーニングしながら個々の特異的なCD8+ T細胞の免疫応答を詳細にモニター、解析するという、相反する要求を両立する方法を提供します。

このライブラリを用いることで、通常のMHC試薬の合成と比較して80%までのコスト削減が可能です。

商品は20~50試験分のサイズでご提供可能です。

製品に対しては4℃ 条件下で3か月間の保証がなされます。


迅速な合成プロセス

迅速な発送(2~3週間)。多種類のペンタマーを同時に発送可能です。


ペプチド供給源の柔軟性

ProImmune社でカスタムペプチドを作製することも、お客様からペプチドをお預かりすることも可能です。


各ペンタマーに対する完全な品質管理

自作のテトラマーや自作の2量体化MHC製品と比較して、一貫性がある結果が得られます。


低廉な単価

マルチマーあたりの価格は安価で、標準ペンタマーの合成と比較して、1種類の試薬あたり80%までのコスト削減が可能です。カスタムセットアップ費用も不要です。


ProVE ペンタマーライブラリーを作製可能なMHCアレル

表1. ProVE ペンタマーライブラリーを作製可能なMHCアレル