カスタムレンチウイルスベクター作製

レンチウイルスを用いた遺伝子導入には以下のような利点があります。


▶ メチル化によるサイレンシングが起きにくく、長期間にわたる安定発現が可能

▶ 細胞毒性が比較的低い

▶ 非分裂細胞にも使用可能

▶ 世界中で利用された実績が豊富でデータが蓄積されている


当社では、SIRION BIOTECH社の日本におけるパートナーとして、ノックダウンおよび過剰発現のためのレンチウイルスの作製を受託しております。

SIRION BIOTECH社独自の技術を利用し、短期間で高効率のノックダウンまたは高発現を実現するベクターを作製することが可能です。


他にもアデノウイルスベクター、アデノ随伴ウイルスベクターを作製可能です。

ご利用用途に合ったウイルスベクターをご提案させていただきます。

過剰発現用レンチウイルスベクター作製

in vitro過剰発現用レンチウイルスベクター作製

▶ 対象遺伝子のアクセッション番号をご指定頂くだけで精製済みカスタムレンチウイルスを作製します。

▶ 用途に合わせたプロモータやその他のエレメントの選択も可能です。

▶ 複数遺伝子のタンデムな結合も可能です

▶ 力価および、総量を保証致します

▶ 機能性の確認後お届けします

▶ ウイルスの力価は3×10^7 TU/mL(標準)以上で、用途に応じてご選択頂けます

▶ スケールは1×10^7 TU(標準)以上でご選択頂けます


高力価過剰発現用レンチウイルスベクター作製

▶ 対象遺伝子のアクセッション番号をご指定頂くだけで精製済み高力価カスタムレンチウイルスを作製します。

▶ 力価および、総量を保証致します

▶ 機能性の確認後お届けします

▶ ウイルスの力価は2.5×10^8 TU/mL以上で、用途に応じてご選択頂けます

▶ スケールは1×10^8 TU(標準)以上でご選択頂けます


誘導発現用レンチウイルスベクター作製

▶ Dox添加時に発現を誘導するOnモードと添加時に発現を抑制するOffモードからご選択頂けます。

▶ 非誘導時に発現をほぼ完全に抑えられる最新のOnモードの第3世代TETシステムを利用した誘導発現が可能です。

▶ 対象遺伝子のアクセッション番号をご指定頂くだけで精製済みカスタムレンチウイルスを作製します。

▶ 力価および、総量を保証致します

▶ 機能性の確認後お届けします

▶ ウイルスの力価は3×10^7 TU/mL(標準)以上で、用途に応じてご選択頂けます

▶ スケールは1×10^7 TU(標準)以上でご選択頂けます


ノックダウン用レンチウイルスベクター作製

in vitroノックダウン用レンチウイルスベクター作製

▶ ターゲット遺伝子のアクセッション番号をご指定頂くだけで精製済みカスタムノックダウンレンチウイルスを作製します。

▶ shRNAデザインから承る以外にも、ご指定のshRN配列を組み込んだレンチウイルスの作製も可能です。

▶ 用途に合わせたプロモータやその他のエレメントの選択も可能です。

▶ shRNAデザインから承った場合、mRNAレベルで80%以上のノックダウン効率を保証します。

▶ shRNAおよび他の遺伝子のタンデムな結合も可能です

▶ 力価および、総量を保証致します

▶ ノックダウン効率の確認後お届けします

▶ ウイルスの力価は3×10^7 TU/mL(標準)以上で、用途に応じてご選択頂けます

▶ スケールは1×10^7 TU(標準)以上でご選択頂けます


高力価ノックダウン用レンチウイルスベクター作製

▶ ターゲット遺伝子のアクセッション番号をご指定頂くだけで精製済みカスタムノックダウンレンチウイルスを作製します。

▶ shRNAデザインから承る以外にも、ご指定のshRN配列を組み込んだレンチウイルスの作製も可能です。

▶ 用途に合わせたプロモータやその他のエレメントの選択も可能です。

▶ shRNAデザインから承った場合、mRNAレベルで80%以上のノックダウン効率を保証します。

▶ shRNAおよび他の遺伝子のタンデムな結合も可能です

▶ 力価および、総量を保証致します

▶ ノックダウン効率の確認後お届けします

▶ ウイルスの力価は2.5×10^8 TU/mL以上で、用途に応じてご選択頂けます

▶ スケールは1×10^8 TU(標準)以上でご選択頂けます


誘導ノックダウン用レンチウイルスベクター作製

▶ Dox添加時にノックダウンを誘導するOnモードと添加時にノックダウンを抑制するOffモードからご選択頂けます。

▶ 非誘導時にノックダウンをほぼ完全に抑えられる最新のOnモードの第3世代TETシステムを利用した誘導ノックダウンが可能です。

▶ ターゲット遺伝子のアクセッション番号をご指定頂くだけで精製済みカスタムノックダウンレンチウイルスを作製します。

▶ shRNAデザインから承る以外にも、ご指定のshRN配列を組み込んだレンチウイルスの作製も可能です。

▶ shRNAデザインから承った場合、mRNAレベルで80%以上のノックダウン効率を保証します。

▶ 力価および、総量を保証致します

▶ 機能性の確認後お届けします

▶ ウイルスの力価は3×10^7 TU/mL(標準)以上で、用途に応じてご選択頂けます

▶ スケールは1×10^7 TU(標準)以上でご選択頂けます


カプシド改変レンチウイルスベクター作製

scFv融合レンチウイルスベクターによる組織指向性の変更

SIRION社で開発された、レンチウイルスのエンベロープタンパク質へのscFvの融合技術により、レンチウイルスの組織指向性を改変し、ターゲット組織・細胞への導入効率を向上させることが可能です。

▶ ターゲット組織・細胞へのレンチウイルス導入効率の大幅な向上


LentiBOOST™

レンチウイルストランスダクション増強試薬

SIRION社で開発されたレンチウイルストランスダクション増強試薬LentiBOOST™ は従来のpolybrene等と比較し、以下のような特徴をもっています。

▶ 高いトランスフェクション効率:2〜5倍の効率増加を示します

▶ 低い毒性

▶ 幅広い細胞での効果:B細胞やT細胞でも優れた効果を発揮します。