siPOOL™の利用例

off-target効果を最小限に抑えた遺伝子ノックダウン実験

遺伝子ファミリーやシグナルカスケード全体をノックダウン

重複する遺伝子群やパスウェイ全体をストップさせることは、同時に複数の遺伝子を効率よくサイレンシングすることが必要であるため、従来のsiRNAプールを用いた方法では困難でした。

siPOOLsではノックダウン効率が従来の方法と比較して向上しているため、複数遺伝子の同時ノックダウンを確実に実現することができます。

個々のsplice variantの選択的ノックダウン

long-non-coding RNAの効率的なノックダウン

Long non-coding RNA(lncRNA)は2次構造に起因してsiRNAが lncRNAに接近できないことにより、従来のsiRNA試薬では特にノックダウンが困難であることが知られています。

siPOOLsは複数のサイトをターゲットとすることでこの困難さを克服し、lncRNAの効率的なノックダウンを実現します。

in vivoノックダウン実験

siPOOLsはin vivoでのノックダウン実験にもご利用頂くことが可能です。様々なDDS技術との組み合わせでsiPOOLsをご使用頂くことが可能です。

siTOOLs社ではsiPOOLsの組み合わせで最大の効果を発揮することが可能になるよう、独自のデリバリーシステムを開発中です。詳細についてはお問い合わせ下さい。