GSTタグ用グルタチオン磁気ビーズ

磁気ビーズは稀薄溶液からのタンパク質精製やタンパク質の発現レベルが低い場合の精製に大変有用です。

PureCube磁気ビーズはGST融合タンパク質に対する効率的なリガンドであるグルタチオンを結合したアガロースでフェリ磁性体をコートしたビーズです。製品は25%サスペンジョンで提供致します。

PureCube磁気ビーズは静置されたビーズ上では1mLあたり約10 mgのタンパク質を結合することが可能であり、安定かつ再現性が高い生産方法によりロット間差異が最小化されています(図.1)。

Cube Biotech社の磁気ビーズはサイズが均一であり、PureCubeグルタチオンアガロースレジンと同様の表面化学的な性質を保持しております。この特質を活かし、Cube Biotech社の磁気ビーズは結合条件の迅速なスクリーニングに関する最良のツールとしてご利用いただけます。

実験室レベルと生産スケールでの磁気ビーズを使用した分離の結果に一貫性を持たせるため、Cube Biotech社ではSepmag均一系バイオ磁気分離システムを推奨しております。

GSTタグタンパク質のウェスタンブロットによる検出のために、Cube Biotech社ではタグ特異的抗体のご提供も行っております。


信頼性が高いロット間再現性

図.1 【信頼性が高いロット間再現性】 Glutathione-S-transferaseは3つの独立したロットのPureCubeグルタチオン磁気ビーズを用いて大腸菌ライセートから精製されました。FT: フロースルー, E1-E5: 溶出フラクション。

市場で入手可能なグルタチオン磁気ビーズの比較

表1. グルタチオン磁気ビーズの比較

グルタチオン磁気ビーズ製品リスト

表2. グルタチオン磁気ビーズの製品リスト