Rho1D4 アガロースレジン

Rho1D4抗体のエピトープ配列をタグとして付加されたタンパク質を本製品を用いて精製することが可能です。

Cube Biotech社はRho1D4精製システムを利用したアフィニティレジン製品を初めて上市しました。


✔ 膜タンパク質の研究に最適です

✔ レジン1 mLあたり3~4 mgのタンパク質を結合可能

✔ 高い特異性でタンパク質を精製可能

✔ 競合的結合により、温和な条件でタンパク質を溶出可能

✔ 再使用のために再生可能

✔ 使用されている抗体と同じ抗体を別途ご提供可能


注: GSTタグタンパク質の培養上清からの精製やプルダウン実験ではPureCube Rho1D4磁気ビーズをご使用になることをお勧めします。


Rho1D4についてはこちらをご参照ください。


Rho1D4ペプチド

溶離バッファー中にRho1D4ペプチドを混合することにより、ペプチドがアフィニティレジンに競合的に結合し、タグ付きタンパク質を温和な条件(例えばpH変化等)で溶出することが可能になります。

Cube Biotech社ではPureCube Rho1D4アガロースを用いてテストし、使用しやすいように分注したRho1D4 ペプチドを提供しております。

ペプチドは単体でも、標準セットとしてPureCube Rho1D4アガロースとともに購入することもいずれも可能です。


Rho1D4抗体

Cube Biotech社ではPureCube Rho1D4アガロースの原料として使用されている抗体を個別にも提供しております。

抗体はウェスタンブロットやELISAでRhoタグタンパク質を検出するためにご使用頂けます。

タンパク質の特異的かつ高収率精製

PureCubeレジンは厳密な品質ガイドラインに従い、バッチごとにレジンが高いタンパク質保持能を保有していることを確認するための品質チェックが行われます。

抗体-エピトープ間の相互作用に起因する特異性とターゲットタンパク質のために最適化された精製プロトコルを組み合わせることで、高収率でタンパク質溶出フラクションを得ることができます。

図.1 はchemokine receptor 4 (CXCR4)の精製結果を示しています。大腸菌で発現されたタグ付加タンパク質はFos-Choline®-14により可溶化され、PureCube Rho1D4アガロースビーズを充填したカラムで精製されます。

Using the Rho1D4ペプチドを溶出液として使用することで4つの溶出フラクション中にそれぞれ0.8, 1.0, 0.85 および0.6 mg/mLのタンパク質を回収しています。

ウェスタンブロットの結果、CXCR4がおよそ65 kDaおよび35 kDaの位置に検出されました。

これらのバンドはそれぞれ39.7 kDaの膜タンパク質のモノマーおよびダイマーに対応しています。モノマーとダイマー、溶出液としてのペプチドの分離はサイズ排除クロマトグラフィーで行うことができます。

図1

図.1 【アガロースを使用したchemokine receptor 4 (CXCR4)の精製】 E.coli ライセート(TL)はFos-Choline-14を用いて可溶化され、可溶化分画(SF)はRho1D4抗体を結合したアフィニティカラムに通されました。洗浄分画 (W1-W3)にはターゲットタンパク質は検出されませんでした。分光学的に決定された溶出分画(E1-E4)中の溶出CXCR4濃度は0.6-1.0 mg/mLでした。

Rho1D4アガロース製品リスト

表1. Rho1D4アガロース製品リスト