膜タンパク質結晶化サービス

Cube Biotech社では様々な膜タンパク質をはじめとするタンパク質に対して、プロジェクト規模の大小に拘わらず結晶化のサービスを提供しております。

プロジェクト開始時に十分な検討を行い、議論を重ねて戦略を構築し、ご希望のタンパク質の結晶化に最適な方法で作業を実施致します。

本サービスは単独でも、タンパク質発現・精製等のサービスと組み合わせてもご用命頂けます。詳細は以下のリンクから。


膜タンパク質発現・精製サービス

膜タンパク質精製サービス

標準的な作業内容

標準的なサービスでは以下の内容が実施されますが、ご要望・用途に応じて作業の追加・削減も可能です。


▶ 膜タンパク質および可溶化タンパク質の初期デノボ結晶化

▶ 初期に確立された結晶化条件の再現性確認

▶ 結晶化ヒットの最適化

▶ 脂質や候補薬剤との共結晶化

結晶化方法のオプション

迅速かつ確実な結晶化のため、Cube Biotech社では以下の方法を含む様々な結晶化の方法を採用しております。


▶ 古典的なハンギングドロップおよび静置vapour diffusion法

▶ 古典的なLCPバッチ法

▶ Bicell

▶ ハンギングドロップおよび静置でのLCP および vapour diffusion法のコンビネーション

▶ Controlled in meso phase法