Rho1D4 磁気ビーズ

Rho1D4精製システムはタンパク質に付加されたRho1D4エピトープに対するRho1D4の非常に特異的な結合を利用しています。

PureCube Rho1D4 磁気ビーズはRho1D4抗体を結合したアガロースでフェリ磁性物質をコートした構成となっております。このシステムは稀薄なサンプルやプルダウン実験等に有益です。


✔ 膜タンパク質に特に適した精製方法

✔ 1mLあたり3mgまでのタンパク質を結合可能

✔ プライマーのデザインから精製までワークフロー全体にわたるプロトコルもご提供可能

✔ 溶出用ペプチドやマッチド抗体もご提供可能


注: PureCube Rho1D4磁気ビーズは微生物の発生を防ぐために20%エタノールを含有した5%サスペンジョンでお届けします。


より高い発現レベルや精製スケールの場合にはPureCube Rho1D4アガロースをご使用になることをお勧めします。

実験室レベルと生産スケールでの磁気ビーズを使用した分離の結果に一貫性を持たせるため、Cube Biotech社ではSepmag均一バイオ磁気分離システムを推奨しております。

Rho1D4についてはこちらをご参照ください。


Rho1D4ペプチド

溶離バッファー中にRho1D4ペプチドを混合することにより、ペプチドがアフィニティレジンに競合的に結合し、タグ付きタンパク質を温和な条件(例えばpH変化等)で溶出することが可能になります。

Cube Biotech社ではPureCube Rho1D4磁気ビーズを用いてテストし、使用しやすいように分注したRho1D4 ペプチドを提供しております。

ペプチドは単体でも、標準セットとしてPureCube Rho1D4磁気ビーズとともに購入することもいずれも可能です。

Rho1D4抗体

Cube Biotech社ではPureCube Rho1D4磁気ビーズの原料として使用されている抗体を個別にも提供しております。

抗体はウェスタンブロットやELISAでRhoタグタンパク質を検出するためにご使用頂けます。

Rho1D4磁気ビーズ製品リスト

表1. Rho1D4磁気ビーズ製品リスト