カスタムリンカー

概要

多くのパラメータが存在するため、リンカーの設計はしばしば複雑で特異的なものになります。

Iris Biotech社では、モノマーからポリマーまで幅広い製品をご提供可能な技術力によって、お客様のご要望に適したADC用リンカーをはじめとするリンカーをご提供可能です。

カスタムリンカーと部位ごとに設定可能なパラメータ
図.1 カスタムリンカーと部位ごとに設定可能なパラメータ

参考文献

▷ N-Fmoc-α-sulfo-β-alanine: a versatile building block for the water solubilisation of chromophores and fluorophores by solid-phase strategy; Romieu A., Bruckdorfer T., Clave G., Grandclaude V., Massif C., and Renard P-Y; Org. Biomol. Chem. 2011; 9: 5337. ▷ One step synthesis of α-sulfo-β-alanine; Wagner D., Gertner D., Zilkha A.; Tetrahedron Lett. 1968; 43: 4479-4480. DOI: 1016/S0040-4039(01)99165-8 ▷ Postsynthetic Derivatization of Fluorophores with α-Sulfo-β-alanine Dipeptide Linker. Application to the Preparation of Water-Soluble Cyanine and Rhodamine Dyes; Romieu A. et al.; Bioconjugate Chem. 2008; 19: 279-289. DOI: 10.1021/bc7003268 ▷ Water solubilization of xanthene dyes by post-synthetic sulfonation in organic media; Romieu A. et al.; Tet.Lett. 2010; 51: 3304-3308. DOI: 10.1016/j.tetlet.2010.04.080 ▷ Water-Soluble BODIPY Derivatives; Niu S.L., Ulrich G., Ziessel R., Kiss A., Renard P-Y., Romieu A.; Org. Lett. 2009; 11(10): 2049-2052. DOI: 10.1021/ol900302n ▷ A novel heterotrifunctional peptide-based cross-linking reagent for facile access to bioconjugates. Applications to peptide fluorescent labelling and immobilisation; Clave G., et al.; Organic and Biomolecular Chemistry 2008; 6(17): 3065 – 3078. DOI: 10.1039/ B807263A ▷ Negatively Charged, Dye Labeled-Dideoxynucleotides for “Direct-Load” DNA Sequencing, Nampalli S. et al.; Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids 2003; 22(5-8): 1471 – 1474. DOI: 10.1081/NCN-120023013 ▷ Bioconjugation with Stable Luminescent Lanthanide(III) Chelates Comprising Pyridine Subunits; Hovinen J., Guy P.M.; Bioconjugate Chem. 2009; 20(3): 404-421; DOI: 10.1021/ bc800370s.

開発プロジェクトについて

特定の分子の合成経路、収量および純度を正確に予測することは非常に難しい課題ですが、Iris Biotech社では適切な生産ルートを見つけるために、標的化合物に到達するための手法を練り、研究と複数の予備実験を実施し、堅牢なプロセスに発展させるサービスをご提供しております。

一般的な課題としては下記のようなものが挙げられます

1.
次代においても通用する、持続可能な製造の基礎としてのラボスケールde novo合成ルート開発
2.
効率的な技術を選択しプロセスの効率を向上させるための、既存の合成ルートの最適化又は再設計
3.
目的の分子を得るためのパテントフリーな技術の検索

これより複雑な課題には、受託開発契約として実施されます。

この契約には下記のような開発プロセスを含みます。

·
バイオコンジュゲーション
·
分析またはマテリアル開発における特定のアプリケーションに適切な分子またはポリマーの探索

この一連の研究開発は、通常ラボスケールからバルクまでの化合物の製造を含め、持続可能でスケーラブルな合成経路の開発につながります。

コスト計算に関しましては、FTE(Full Time Equivalent)ベースおよびマイルストーンに基づくFee for serviceとなります。

お客様のニーズにあった化合物をご用意し、プロジェクトを円滑に進めるお手伝いをさせていただきます。Iris Biotech社のサービスをぜひご活用ください。

お客様の合成手法に倣ったサンプルの受託合成

緊急に入手する必要のある化合物があるにも関わらず、物理的なスペースや人的資源の不足といった問題を抱えるお客様の代わりに、Iris Biotech社の経験豊富なスタッフがサンプルを合成いたします。

Iris Biotech社は、お客様の合成プロセスを豊富な専門知識で忠実に再現、実行いたします。

プロセスに関するすべての事項は、厳密に機密保持契約によって守られます。

プロジェクトが終了した際には、Iris Biotech社の専門スタッフによって包括的に文書化された手順をお渡しいたしますので、簡便にプロセスを追跡し、再現性を保つことが可能となっています。